女子ぽけ勢の彼氏の作り方【応用編】

 

究極の解が出ました。しかし、少々リスクを冒すことを承知の上でお願いします。

 

 

 

 

【用意するもの】

・水 35ℓ
・炭素 20kg
アンモニア 4ℓ
・石灰 1.5kg
・リン 800g
・塩分 250g
・硝石 100g
・硫黄 80g
・フッ素 7.5g
・鉄 5g
・ケイ素 3g
・その他少量の15の元素
・細胞 66%

・細胞外液 24%

・細胞外固形物 10%

・錬成対象の情報

※これは自分好みの彼氏をカスタマイズする上で重要になってくるため、しっかり決めておくべきです。わたしは伊東健人を作ろうとしてます。

 

追記:

錬成対象の情報として、対象の遺伝子情報の分かるものを入れます。某兄弟は母親を錬成しようとしたため、同じ遺伝子を持つ自らの血液を投下していました。

遺伝子情報がわかればいいので、血液に限らず頭髪、唾液などでも代用できるのではないかと推測されます。

 

 

 

【場合によって使うもの】

・肉体(自分のものに限らない)

・左脚(同上)

 

【作り方】

①錬成陣を描きます

錬金術を使います

③完成です

 

 

【注意点】

産み出したものが本当に”彼氏”になるかどうかは保障されません。”彼氏のような何か”になる可能性も十分あるため、十分気をつけてください。また、真理を見たことによる自らの等価交換価値を持つものは左脚に限らないためこれも留意してから人体錬成に取り組んでください。

 

 

 

 

クソネタにお付き合いいただきありがとうございました。最近ではもう、彼氏ってそもそも何だ?という哲学になってきたため、まだまだリア充への道のりは険しそうです。